過敏性腸症候群 似ている病気

過敏性腸症候群と似ている病気

過敏性腸症候群かなと思っても、似ている病気もいくつかありますので
安易に自己判断するのは危険です。

 

過敏性腸症候群と似ている病気で重大な疾患といえば、
大腸がんや大腸ポリープです。

 

大腸がんは血便などでわかることもありますが、
便秘と下痢を繰り返したり、体重が減少したりします。

 

大腸ポリープの場合は便が細くなったり、お腹が張る、
便が細いなどの症状があります。

 

いずれも過敏性腸症候群と似た症状があり、
その他の症状が出ない場合もあるので、
自分で気づくのが遅れることがあります。

 

過敏性腸症候群だと思って間違った対応をしていると、
裏に隠れていた病気の存在に気づくのが遅れて
症状が進んでしまうことがあります。

 

症状が悪化すると手術をしなければならなくなる場合も出てきます。

 

そのほかにも過敏性腸症候群と似ている病気がたくさんあります。

 

例えば潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に潰瘍ができる病気ですが、
免疫系の異常が原因ではないかと言われており、
下痢や腹痛が主な症状です。

 

また、乳糖不耐症は牛乳を飲むと下痢を起こしたりする病気です。

 

体質的に乳糖を分解する酵素が不足していることが原因で、
消化不良で下痢になります。乳糖不耐症ならば
牛乳などの乳製品を摂らないようにするだけで症状は治まります。

 

また、風邪や食中毒などで細菌やウイルスに感染しても
下痢や腹痛が起こります。

 

こうした間違いやすい病気がたくさんありますので、
自分で過敏性腸症候群だと決めつけるのではなく、
専門医に相談してみてもらうようにしましょう。