過敏性腸症候群 原因

過敏性腸症候群になる原因とは?

過敏性腸症候群の原因はいくつかありますが、
単なる便秘や下痢と違うところはストレスによるところが大きいという点でしょう。

 

リラックスしているときには症状が出ないのに、
緊張したり嫌な場所に行くと症状があらわれるという場合は、
過敏性腸症候群の可能性が高いです。

 

例えば、休みの日に家にいるときは大丈夫なのに、
平日に仕事をしているとよくお腹が痛くなるといった場合です。

 

また、ストレスが原因で過敏性腸症候群の症状が起こると、
症状が頻繁に起こるようになったりします。

 

性格的に感情表現が苦手な人も
過敏性腸症候群になりやすいと言われています。

 

自分の喜怒哀楽を言葉で表現できないかわりに、
体が痛むことでツライと表現して症状が起こるというわけです。

 

普段の生活でツライという気持ちを意識して表現できていないと、
ストレスに気づかないうちに体がダメージを受けてしまうのです。

 

また、自律神経のバランスが崩れることで、
過敏性腸症候群になってしまうことがありますが、
これもストレスが原因です。

 

普段からストレスを感じている人は、休日や時間があるときに体を動かしたり、
趣味を楽しんだりしてこまめにストレスを発散させる工夫をしましょう。

 

過敏性腸症候群で心療内科にかかった場合は、
お医者さんがカウンセリングのように話しを聞いてくれることがありますので、
不安に思っていることや悩んでいることなどを相談してみても良いでしょう。

 

過敏性腸症候群は外科的な処置よりも、
精神的な心掛けで良くなる場合も多いです。

 

ストレスで内臓が知覚過敏になっているかもしれないので、
普段の生活でリラックスする機会を増やしましょう。