過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは?

会社についた瞬間に毎日決まってお腹が痛くなる、
職場の仲間とトラブルがあるとお腹が痛くなるという人は
過敏性腸症候群を疑ったほうが良いかもしれません。

 

あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、
大腸の運動機能と分泌機能の異常が原因で症状が出るようになります。

 

様々な症状がありますが、普段からあまりお腹の調子が良くなかったり、
ご飯を食べたあとにとか通勤中にといった何かの場面とセットで
お腹の調子が崩れたりする人は、過敏性腸症候群かもしれません。

 

過敏性腸症候群の改善方法を学んでいきましょう。

 

お腹の調子が崩れると最初に想像されてしまいがちなのが、
便秘ではないでしょうか。

 

過敏性腸症候群の症状の中にも、
便秘と非常によく似ているものがあります。

 

何日も便が出ないこともあるので、
自分は便秘だと思いこんでしまう人も多いようです。

 

便秘といえば食物繊維ですが、過敏性腸症候群の場合は
ストレスが原因になっていることが多いので、
便秘対策をしても大きな効果は見込めません。

 

ただ、生活習慣を整えるという点は同じなので、
人によっては便秘対策をしたところ過敏性腸症候群が治った
というケースもあるようです。

 

大人になってからの病気だと思われがちですが、
若いうちでも十分可能性があります。

 

小さな子供でもなってしまう可能性があるので、
子供が便秘に悩んでいてどうしても治らない場合はもしかしたら…
と疑ってみましょう。

 

確かにどちらも腸の異常ではありますが、扱い方は違ってきます。